• FB
  • INSTA

TOMOIKUBLOG

ともいくブログ

2020.01.27 [月]

Author MICHI

記憶の中の街並

こんにちは!みちさんです('ω')ノ

今日の夜は雪が降る予報ですね

久しぶりにシンと冷え切っています

昨年から実家へ通うことがとても多くなりました

両親が亡くなってからは年に何回も通うことはなくなっていたのですが

実家の片づけや入院中の兄の代わりにと年越しの準備など

行っては街を歩き回っています。

昔は乾物屋、酒屋、雑貨屋、果物屋、八百屋、豆腐屋、パン屋と

一つ一つのお店があっちこっちの通りにありました。

今は跡形もないですが思い出しながら歩いています。

実家の周りは大きな道路が通るためにかなりの家が引っ越してしまいました。

隣は缶やさん(バターや油の入っていた一斗缶を回収して洗浄してつぶす)

その先は俵屋さん(米俵ようの袋を作ったりまとめたり今は梱包材料販売店)

メッキやさん(鋳物に金メッキを施す工場)

ゴムパッキンを作る工場(定期的に蒸気が吹き上がる)

パン粉屋さん(パン粉を天日干ししていて通りながらさわるとおこられた)

メリヤスやさん(ニット編み)染色やさん

鋳物工場、ホーロー工場と家庭内工場がたくさんありました。

「猫おばさんの家」があって友達と

いきなり上がって猫と遊んで気が済むと何も言わないで帰ってしまうなど

どの家も玄関は開けっ放しだったと思います。

かくれんぼで敷地内に入り込んでも怒られることも少なかったのでは

いまはゴキブリやネズミの侵入防止で開けっ放しはしないですよね

「すっかりわすれちゃったわ」と思っていましたが、隣のおじさんにご挨拶をして

昔の話をしていたら、いろいろと思い出しました。

今年は空家の解体もあり、実家がそこに住み始めてから62年

様々な歴史の片づけを始めます。

PAGETOP